知りたい!“先進“不妊医療

妊娠率を上げ流産率を下げる、先進不妊治療検査情報・病院検索専門サイト

Vol 28:卵のベットに関するお話

西村さん、松岡さん、遠藤康浩 先生

病院の先生方をゲストにお招きし、不妊治療の最先端医療技術についてわかりやすくお伝えしていきます。今週のテーマは「卵のベットに関するお話」。

番組情報

放送分:2018年7月15日放送分
ゲスト:Lactoflora(ラクトフローラ) 代表取締役 遠藤康浩 先生
テーマ:卵のベットに関するお話
FM西東京のページ:こちら

番組を聴く

番組紹介

ここからのお時間は「妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ」をお届けします。
最近「妊活」という言葉をよく耳にしませんか?
妊娠の「妊」、活動の「活」、ひとことで言えば文字通り「妊娠するための活動」という意味があります。
まさに妊活中のあなたに届けていく20分間です。

この番組では、ゲストをお迎えし、テーマに沿って不妊治療の最先端技術をご紹介していきます。
お話を進めていただくのは、スペイン発の不妊治療を専門とした遺伝子検査会社アイジェノミクス・ジャパン、技術責任者であり、工学博士のトシさんです。トシさん、よろしくお願い致します。

番組内容

松岡: よろしくお願いいたします。今回のゲストはLactoflora(ラクトフローラ)社の代表取締役、遠藤先生に来ていただいてます。よろしくお願いいたします。

遠藤: 遠藤と申します。よろしくお願いいたします。

松岡: 今回のテーマは、卵のベッドに関するお話についてです。

西村: それでは今週はアンディさん、ではなく。トシさんがお一人でスタジオに。

松岡: はい。ちょっとアンディが今日、会社の方で別の用事が入ってしまって。今日は私一人で、ゲストの遠藤康浩先生と来ました。よろしくお願いいたします。

西村: よろしくお願いいたします。それでは今日は、技術責任者であり工学博士のトシさんとお届けしていきます。さらにゲストの方、ご紹介させていただきます。Lactoflora代表取締役の遠藤康浩先生です。遠藤先生、よろしくお願いいたします。

遠藤: はい。よろしくお願いいたします。

西村: 遠藤先生、今日はこのFM西東京、どちらからお見えいただいたんですか?

遠藤: 今日は関西の方から新幹線で来させていただきました。

西村: 関西も暑いですか?

遠藤: かなり暑いです。

松岡: 暑いですよね。

西村: そしてこの西東京も、ばっちり暑さは感じられますね。でも水分補給もしっかりしながらこの放送もお届けさせていただこうと思います。さて、今日はLactoflora代表取締役、遠藤康浩先生とご一緒にお話進めていきますが、まず遠藤先生。皆さまに自己紹介をお願いできますか?

遠藤: わかりました。私は日本の大学を出た後、アメリカの大学院に進学しまして、そこで妊娠中毒症という病気を研究させていただきました。最初はまず小さい動物でマウスを使って、その次に大きくなりましたヤギ、その次がヒトに近い動物ということでサル、最後はヒトの胎盤を使って、どういう原因で妊娠中毒症が起きるのかというのを研究させていただきました。その後、今回ご紹介させていただきます女性の妊娠の前半の病気なんですけども、それに対しての乳酸菌の効果というのを研究させていただいてます。

西村: 今日、まさに乳酸菌、これ、今日のかなりキーワードに。トシさん。

松岡: そうです。もうこれは大事なキーワードです。

西村: そしてテーマなんですけれども、オープニングでトシさんがお話しくださいましたけれども、卵のベッドに関するお話、ということで。ここを具体的に、卵のベッドとは?

松岡: これはもう、一言で言えば子宮内膜です。今日は膣と子宮内のお話なんですが、赤ちゃんを作る上でできた卵が育つベッド、この子宮はとても大事なところです。その子宮内、膣内も含めて、これまでは無菌だという話があったんです。これは先週のお話を少しさせていただいたんですが、今日はもうちょっと深く話していきたいと思っています。

西村: まさに先週の放送で、無菌と思ってたけど違うんだ、っていうところを知って、私もびっくり。だったんですけども、そういった部分を今日は遠藤先生、さらに細かく。

松岡: 勉強させてもらおうと思ってます。

西村: はい。遠藤先生、よろしくお願いいたします。

遠藤: こちらこそお願いします。

西村: まずはこの膣内の環境について、具体的にまずご紹介をしていただけますか?

遠藤: まず女性の膣内というのは、多分女性ですと非常に清潔なところかなとイメージを持たれてると思うんですけども、ただ実際はちょっと表現おかしいんですけど、うじゃうじゃと細菌がいます。その細菌がうじゃうじゃといることによって膣が健康な状態に保たれています。

松岡: 面白いですね。うじゃうじゃいることで健康に、ということなんですね。

西村: 悪いものではない、ということですよね?

遠藤: はい。ただし、その細菌の種類が大事で、一般的な乳酸菌、ちょっと専門的な言葉でデーデルライン桿菌と言うんですけども、そういう菌がたくさんいることが健康に良いとされています。

西村: ちなみにその菌というのが膣内にいるかどうかの検査というのは、結構気軽にどこかで受けることができるんですか?

遠藤: これはもう、女性の方が婦人科さんに行って、スメアっていうんですけども、採っていただいて、顕微鏡で先生が見ればすぐに分かります。

西村: へえー。そういうものなんですね。

遠藤: 乳酸菌が多いか少ないか、っていう感じなんですけども。

松岡: 私たちの、この子宮内の細菌を見る検査というのが、ちょうど一カ月前新しい検査として登場しました。この検査で子宮内の細菌の環境、どういった細菌がいるのか、また、悪玉菌のようなものもいるのかどうか、というあたりを見ることができるEMMA(エマ)、ALICE(アリス)という検査、出てますので、またその辺も踏まえていろいろお話聞きたいなと思ってるんです、今日は。よろしくお願いいたします。

遠藤: こちらこそお願いします。

西村: そして、続いてこの妊娠と、子宮内にいるその菌。そういったもののバランスというか、私たちはそれをどういうふうに知識として得たらよろしいんでしょうか?

遠藤: まず、乳酸菌が女性の健康に対してどのような役割をするかというのが二つに分けられると思います。一つは膣に対する効果。もう一つは子宮に対する効果。膣に対する効果としては、女性の場合でしたらおりものが多いとか、ちょっと嫌な臭いがするとか。嫌な臭いがした場合は、周りの人気付かないかなあとどきどきすると思うんですけども、多分そういう問題があります。それが膣の問題。子宮に関しては、今回のIVFに関しての着床後の成功率に大きく関係しています。

松岡: 先生、もし、おりものの臭いであるとか、そういった場合これはクリニックさんに行って気付くしかない、調べてもらうしかないということなんですか。その子宮内とか、膣の中とか。

遠藤: おりものが多いとか、臭いがあるっていうのは病気ではないんです。だから先生によっては女性に対してちょっと気にしすぎちゃうんですか、というような感じになる場合もあるし、病気ではない以上なかなか良い治療法が無いので、ちょっと膣を洗浄しましょうか、あるいは非常に気になるんでしたらちょっと抗生物質入れてみましょうか、というのが今現在の一般的な対応で、標準的な方法というのがなかなか無いというのが現状です。

松岡: で、乳酸菌の大切さというのが、どこで気付くきっかけになったんですかね。

遠藤: おりものの臭いがする、あるいは多いというのは乳酸菌以外の悪玉細菌と言うんですけども、そういう悪玉細菌が増えているのが原因になってます。なので、単純に乳酸菌を増やしてあげて、その悪玉細菌がいる場所を無くしてあげるというのがもう原理になってきます。

西村: なるほど。例えば今って暑いシーズンで汗をかいたりとか、下着もちょっと蒸れやすい時期なので、おりものとか下着の臭いと言うんでしょうか、もう気にしてしまって洗いすぎてしまったりとか。でも、そこを結構、繊細な女性の方は悩んでいらっしゃる方も多いんじゃないかなと思うんですが。

遠藤: この悪玉細菌の非常に問題なのは、そういうちょっと湿ったとか、空気の流出の悪い環境を好むんです。だから、特に夏とかはそういう悪玉細菌が増える環境ができてしまうので、問題が発生する女性が多くなってしまいます。

西村: なるほど。そういった、今みたいなシーズンは少し気にかけてあげた方がいいということなんですね。

遠藤: 一番良いのはスカートをはいていただくとか、通気性の良い下着をつけていただくということなんですけど、ただその場合、臭いがあるので難しいという問題があります。

西村: どうしてもこう暑いシーズン、風通しの良いコットンとかの下着を身に付けるとか、そういう簡単なところからでもできそうですね。蒸れないように過ごしてみる。

遠藤: はい、そうです。

西村: 「妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ~」。今回はゲストにLactoflora代表取締役の遠藤康浩先生をお迎えしております。先生、後半もよろしくお願いいたします。

遠藤: よろしくお願いいたします。

西村: そしてこのLactofloraという会社の代表をされていらっしゃいますが、具体的にどんな会社か、ご紹介いただけますか?

遠藤: ラクトフローラ社は、女性の健康に特化した乳酸菌を作ってる会社になります。現在弊社では、二つの乳酸菌を販売しています。一つは経口内服剤、口から飲んで乳酸菌を増やすタイプ。もう一つは、直接膣の方に挿入して乳酸菌を増やすというタイプです。

西村: なるほど。ちなみにそのサプリメントは、どれぐらいの量を飲むんですか?

遠藤: 基本的には、1日1カプセル。ただ、症状が強いときには朝晩の2カプセルということを推奨しています。

西村: 1錠?

遠藤: 1カプセル。

西村: 1カプセル、はい。そして今、内服じゃなくて、入れるタイプ? は具体的にどうやって?

遠藤: 入れるタイプは直接、女性の方が指を挿入する場合。あるいはタンポンのようなアプリケーターで挿入するっていう形で使用してます。

西村: 飲むタイプと膣から入れるタイプで効果は違いがあるんですか?

遠藤: 基本的に期待される効果は同じなんですけども、やはり膣に直接挿入する方が効果の発現が非常に早い。ただ、その一方で数カ月あるいは半年使用するのは結構大変ですので、内服を使用されることによって同じような効果が毎日負担無く期待できます。

西村: そうですね。サプリメントだったら本当に空いた時間に飲む、時間の目安的にも非常にとりやすいかなと思いますけれども、ちなみにこのラクトフローラを開発されることになったきっかけってどんなところなんですか?

遠藤: ラクトフローラっていうのは弊社が今登録商標している製品名なんですけども、ただこの乳酸菌を使って女性の問題を解決するっていうのは実は弊社の特殊な考えではなくって、欧米ではもうかなり、二、三十年前から標準的に行われている方法なんです。

(二人): あっ、そんなに前。

遠藤: 日本ではまったく紹介されてなかった治療法になります。なぜ欧米かと言うと、特にこれ北欧なんですけども、北欧の場合デンマーク等では酪農が非常に盛んで、そういうところでは乳酸菌を使ったヨーグルトとか乳製品が非常にたくさんあって、そういうところの研究者の方がこの乳酸菌というのを女性にも良いんじゃないかということを発明されてらっしゃいました。

西村: なるほど。乳酸菌というと、どうしてもわれわれは・・・

松岡: おなかですよね。

西村: ・・・そう、腸内環境を整える。朝食で食べたりとかっていうイメージがかなり強いですけれども。

松岡: 僕もそれしか無かったんです、最初は。でも欧米ではもうだいぶ前から。

遠藤: だいぶ以前から。

松岡: その乳酸菌が膣、または子宮に良いっていう話は、どの段階でそれが出てきたのかってのがすごく気になるんですが。二、三年前とか、十年前とかなんですか?

遠藤: 乳酸菌を直接膣に使うという方法に関してはもう、1990年代ぐらいから・・・

松岡: もう二十年。へえー。

遠藤: ・・・もう実施されています。それ以前は、ちょっと乱暴なんですけど、ヨーグルトを直接自分で女性が入れて、乳酸菌を増やしたっていう報告まであります。ただ、ヨーグルトといってもいろんなものが入ってますので・・・

(二人): そうですよね。

遠藤: 副作用の心配もあるので、ちょっとお勧めできませんけども。

松岡: そういう時代があったんですね。

西村: でもこのラクトフローラ、開発されて何年目で実際にこう、皆さんが使用していただけるまでに至ったんですか?

遠藤: この製品を日本でご紹介したのが今から約五年ぐらい前です。

西村: 使用者の方々のお声はいかがでしょうか?

遠藤: 非常に評判がよろしくて、今まで医療機関に行ってもあまり改善しなかったんですけども三日ですぐに臭いが無くなったとか、非常にたくさん良いお声をいただいてます。

松岡: 実は、私の会社の方に患者さまから問い合わせがたまにあるんですね。そこでEMMA、ALICEのこの検査の話もしたんですが、そのときに患者さんの方からですよ、「ラクトフローラを使ってます」っていうのを聞いたときに、僕ら驚いたんです。結構皆さん、知ってらっしゃる人は知ってるんだなと思いました。

遠藤: ありがとうございます。

西村: 実際使われてる方々も増えていらっしゃると思うんですが、ちなみに「ラクトフローラ」で検索するとオンラインショップがありますね、遠藤先生。

遠藤: はい、そうです。

松岡: ここからインターネットでも直接?

遠藤: はい、誰でも購入できるようになっています。

西村: ちなみにお幾らからございますか、商品は。

遠藤: 今現在、4,500円からです。内服型が30カプセルで一カ月分。膣カプセルの方が10カプセルで10日分。基本的に効果が期待できます。

西村: ぜひオンラインショップの方を調べていただくと、「ラクトフローラ」で検索していただければすぐサイトがヒットすると思いますので、ぜひ皆さんもチェックされてみてはいかがでしょうか。さて、このラクトフローラを開発するにあたって、実は研究者の方との出会いがあった、ですって?

松岡: と、聞いておりますが。

遠藤: はい。弊社の場合このラクトフローラ以外にも、抗がん剤に伴う脱毛が今結構社会的に問題になっているんですけど、その研究開発も実施しておりまして。その関係でスウェーデンとかデンマークによく研究者の打ち合わせに行くんですけども、そのときに偶然、この乳酸菌を使った製品というのを紹介されまして。日本で調べるとまったく誰もやってないということなので、ぜひ紹介したいなと思いまして、日本の先生と協力して、発売まで持っていきました。

西村: でも、実際にこういった製品があるんですよって最初に遠藤先生がいろいろなところにお話しされたとき、やっぱり私やトシさんのように、えっ? 乳酸菌が? っていうリアクションではなかったですか?

遠藤: 基本的に、なぜ細菌を入れるのか、と。

松岡: わざわざね。

遠藤: 細菌といったら何か感染症とかそういう病気を思い付かれるんですけども、そういう面ではちょっと否定的なリアクションってのはあったんですけど、ただその一方で、乳酸菌による感染症って実はまったく無いんです。本当に良い効果しかまったく無いんです。非常に珍しい細菌です。

西村: だんだんそうやって利用者の方も、それから先生方もご理解がすぐ、もう、していただけたっていう感じでしょうか?

遠藤: 特に膣タイプの方では効果が早いので、理解されています。

西村: ぜひこういった商品、トシさん、非常に良いですね。

松岡: はい、そうです。しかも日本でこのようにすぐ購入できるっていうのはすごく患者さんにとってもありがたいですし、私たちやっぱり検査を出す側であって、その治療する側ではないんですよね。検査結果が出て、乳酸菌が少ないですよ、ってなったときの対処法っていうのをこうお話しできるってのはすごく私たちは助かる話です。

西村: さて、お時間となりました。今日はアイジェノミクス・ジャパン技術責任者のトシさん、そしてLactoflora代表取締役、遠藤康浩先生とお届けしました。遠藤先生、来週もよろしくお願いいたします。

遠藤: こちらこそよろしくお願いします。

西村: そしてトシさん。来週のテーマは?

松岡: 来週のテーマは『卵のベットにもし悪玉菌がいたら』ということでお話しさせていただきます。

関連記事

コメントする

コメント無し

コメント無し