知りたい!“先進“不妊医療

妊娠率を上げ流産率を下げる、先進不妊治療検査情報・病院検索専門サイト

Vol 29:卵のベットにもし悪玉菌が存在したら

松岡さん、遠藤康浩 先生

病院の先生方をゲストにお招きし、不妊治療の最先端医療技術についてわかりやすくお伝えしていきます。今週のテーマは「卵のベットにもし悪玉菌が存在したら」。

番組情報

放送分:2018年7月22日放送分
ゲスト:Lactoflora(ラクトフローラ) 代表取締役 遠藤康浩 先生
テーマ:卵のベットにもし悪玉菌が存在したら
FM西東京のページ:こちら

番組を聴く

番組紹介

ここからのお時間は「妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ」をお届けします。
最近「妊活」という言葉をよく耳にしませんか?
妊娠の「妊」、活動の「活」、ひとことで言えば文字通り「妊娠するための活動」という意味があります。
まさに妊活中のあなたに届けていく20分間です。

この番組では、ゲストをお迎えし、テーマに沿って不妊治療の最先端技術をご紹介していきます。
お話を進めていただくのは、スペイン発の不妊治療を専門とした遺伝子検査会社アイジェノミクス・ジャパンの、技術責任者であり、工学博士のトシさんです。トシさん、よろしくお願い致します。

番組内容

松岡: よろしくお願いいたします。今日のテーマは、「卵のベッドにもし悪玉菌がいたら」ということでお話をさせていただきます。ゲストの方は先週に引き続き、Lactoflora(ラクトフローラ)社代表取締役の遠藤康浩先生です。どうぞよろしくお願いいたします。

遠藤: はい、よろしくお願いいたします。

西村: さあそれでは、先週に引き続きましてスタジオにゲストの方、お越しいただいております。Lactoflora代表取締役の遠藤康浩先生です。遠藤先生、よろしくお願いいたします。

遠藤: はい。よろしくお願いいたします。

西村: 先週はラクトフローラというサプリメントですね、こちらのご紹介をさせていただいたんですが、資料に細菌性膣症の女性、例えばおりものの臭いが気になる方とか、後は忙しくて医療機関なかなか何度も訪問することができない方、それから、人工授精を行っている方。こういった方々がこのラクトフローラお勧めですよっていうお話なんですが。いま最後にお伝えした人工授精を行っている方? こういった治療を行っている皆さんにもお勧めという理由はどんなところなんでしょうか?

遠藤: これは比較的最近の研究の成果を用いた治療法になってきます。具体的にどういうことかと言いますと、子宮内の状況なんですけども、これまでは子宮内は無菌と考えられていました。ただその一方で遺伝子検査等で検査技術が進歩しましたのでこれまで以上に詳細に調べることができるようになりまして、実は子宮内にも結構細菌がいるということが分かってきました。その中で一番重要な細菌というのが膣の場合と同じで乳酸菌です。一般的には子宮内の細菌の90%以上が乳酸菌ならば良好な環境と言われています。

松岡: 実際にその研究論文が、弊社アイジェノミクス社の方から2016年に出した報告になります。こちら二つのグループに分けてます。乳酸菌が多いグループ、もう一つの方は少ないグループです。その方たちの着床、妊娠の経過をたどっていって、さあどうだったのか、なんですが、もう圧倒的に乳酸菌が多いグループ、9割以上あるグループが妊娠率、継続率ともに高い割合を示したという報告になっております。

遠藤: 具体的な数字としましては、乳酸菌の多い群は妊娠成功率が70%、乳酸菌が少ない群は3割程度しかありません。なおかつ、妊娠の継続率は乳酸菌の多い群が約6割、乳酸菌が少ない群は約1割しかないという、非常に大きな差が出ています。

西村: 本当に大きな数字でびっくりですね。

松岡: そうです、びっくりです。で、その中で乳酸菌が大事だということで弊社の方からそういった検査、乳酸菌がどれぐらいいるのかというパーセンテージで出す検査を出しました。もし乳酸菌が少ない場合は・・・

遠藤: ラクトフローラを使うことによって乳酸菌を直接増やすことが可能となってきます。

松岡: ・・・はい。ありがとうございます。

西村: ぜひこちら、遠藤先生、ご購入をしてみたいなという方は、どうしたらよろしいでしょうか?

遠藤: インターネットで「女性用乳酸菌」もしくは「ラクトフローラ」で検索していただければすぐに出てきますのでよろしくお願いいたします。

松岡: では今日のテーマ、悪玉菌ですね。さっきは乳酸菌が多い少ないの話だったんですが、私たちこの検査をスタートさせてやっぱり見えてきたのは、乳酸菌の割合が少ない場合ということは、他の菌がいるんですね。その他の菌というものの中に、悪玉菌というのが見つかってきております。今日ちょっと、いろいろな悪玉菌がいたときの、どういった症状、炎症があるのかというところのお話を先生の方からお聞きしたいなと思っております。

遠藤: 一般的な症状としましては四つあります。一番目がpH(ピーエイチ)。通常、膣内は酸性なんですけども、それがアルカリ性に近くなってくる。そうすると悪玉菌が増えている証拠の一つになります。pHがアルカリ性になると乳酸菌が成長しにくくなります。あと、アミン臭といって、これはお魚が腐ったような臭いがしてきます。その次が分泌物、おりもの。おりものが均一な白っぽいものになってきます。一番最後が、医療機関で調べることなんですけど、クルーセルという細胞があって、これは細胞のまわりに糸のようなものがあります。糸のようなものも実は細菌なんです。要するに悪玉細菌が膣の細胞に絡まりついているという状況になってきます。そういう状況が生まれてきます。

松岡: その膣にある細菌たちがまた子宮の方に行ってしまう、ということなんですね。

西村: これ、自分で、女性自身が感じることっていうのはできる? 例えばかゆみが出るとか。

遠藤: それはそのときにある細菌の種類によって症状がかなり異なってきます。

松岡: じゃあ気付かない場合もある、と。

西村: も、あるかもしれない。

遠藤: おりものが非常に多い場合もあるし、臭いが強い場合もありますし、あるいはかゆみが出る場合もありますし、人によってそれぞれ異なった症状が出てきます。

西村: なるほど。

遠藤: 次に、ホルモンと乳酸菌の関係についてご説明したいと思います。特にホルモンとしては卵胞ホルモン、もしくはエストロゲン。

西村: エストロゲン?

遠藤: エストロジェンというのは通常、生理後から次の排卵までに上昇してくるんですけども、それで何が起きるかというと、膣内のpHが低下していきます。次にその膣内を覆っている細胞の中に栄養分が増えてきます。その栄養分が増えてくると、乳酸菌がそれを食べて増えますので膣の健康が維持されます。なので、例えば高齢の女性で膣縮小というのがあるんですけれども、その場合はエストロゲンが減ってます。そうすると膣の低下が起きないで乳酸菌のエネルギーが無くなるので、善玉菌が減ってくるという状況が生まれています。

松岡: なるほど。先生、これは子宮内においてもその膣の環境の、例えばpHの弱酸性なものがより酸性になっていく過程がある中で、子宮の方はもうその影響はあるんでしょうか?

遠藤: 基本的に子宮内の細菌というのは膣内から移行して来ますので、間接的にもちろん影響して相関しております。

松岡: なるほど、ありがとうございます。

西村: 「妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ~」。今週は、先週に引き続きましてLactoflora代表取締役の遠藤康浩先生がスタジオにお越しいただいております。後半もよろしくお願いいたします。

遠藤: よろしくお願いいたします。

西村: さて後半、トシさん。

松岡: 後半は、原因菌となる悪玉菌の話を突き詰めていきたいなと思うんですが。先生、細菌性膣炎というのと、細菌性膣症というこの違いというのはどういうふうに捉えたらいいんでしょうか?

遠藤: 細菌性膣炎と言えば、これはもう厚生労働省で決めた病気に分類されますけど・・・

松岡: 病気になる、と。

遠藤: ・・・膣症というのはその病気の前の段階なので、必ずしも病気ではないので、女性が医療機関に行っても治療の対象とならない場合もあります。

松岡: 例えば私たちの検査では悪玉菌も見る訳です。で、いなければいないで、検出できなければ検出できないということでいいんですが、検出されてもその量が出るんですね、何%とか。その割合が小さい場合とかもあるんです。すると、これはもう細菌性膣症、まあ実際には子宮内なのでちょっと変わってるかも知れませんが。炎症の一歩前だったりするんですけども。

遠藤: その場合、治療しなくても正常に戻る場合もあれば、治療しないことによってさらに悪化して炎症になる場合もあります。

松岡: これ、もしかして、あまり悪玉菌はそんなに多くない、と。存在はするんだけども、治療するレベルかどうかってのはきわどいところのときは、先生のこの乳酸菌を入れてあげることで改善する場合も十分あるという。

遠藤: 症状がそれほどひどくないときには内服タイプをお勧めしています。それで長期間で乳酸菌を増やしていきましょうということを目指しています。

松岡: なるほど。ちょっと私、勘違いしてました。だからやっぱり、存在するかといってそれがいきなりいたのではなくて、長い間そうやってその状態だったかもしれない訳で。急に膣剤で入れるという方法もあるけども、まあ内服でも十分良いだろうという。

遠藤: はい、大丈夫です。

松岡: なるほど、勉強になります。ありがとうございます。

西村: そしてその、細菌性膣炎の方。こちらは具体的に、遠藤先生。

遠藤: 細菌性膣炎ということで細菌、という言葉が付いているんですけれども、そしたらどういう菌が原因なんですか? って当然なると思うんですけど。通常、例えば肺炎等でしたらインフルエンザの菌とか肺炎球菌というのがあって。

松岡: そうですね、決まりますね。

遠藤: 検査で出てました、となるんですけども、細菌性膣炎の場合にはそのような一般的に検出されるパターンというのが決まっていません。

松岡: そしたら、その悪玉菌がどんどん増えて炎症になりました、っていうそのときの悪玉菌の種類というところは今はまだよく分かってないその組み合わせというか、パターンというのはわかってなくて。

遠藤: これまでの細菌検査では感度が低いということがあって、今後は遺伝子検査等でかなり詳細に分かってくるのではないかなあと考えております。

松岡: そうですね、私たちの検査も確かに悪玉菌の方を網羅的に見て、どういった菌が何%かそれぞれ出すので、そういうパターンが分かってくればこういった炎症と、まあ症ですね、のあたりの違いであったりとか、どれだけのどういった菌の、どういった種類の菌がパターンであれば炎症になってる割合が多いかとか、そういったのが今後分かってくる形になるってことですね。

遠藤: あるいは詳細な細菌パターンが分かれば、例えばどの細菌がおりものが多いに結びついてるとか、あるいは臭いとか、それが分かれば非常に女性にとって福因になると思います。

松岡: とても興味深い話ですね。

西村: この膣炎というのは再発性もあるんですか?

遠藤: 一般的に非常にしつこい病気になって、抗生物質で治療を受けてもまた再発する場合がかなり高いです。5割ぐらいと言われてます。

松岡: すごい高い。難しいんですね、治療が。それはなぜなんですか?

遠藤: その一番の原因は、バイオフィルムが形成されている可能性があります。バイオフィルムというのは、例えば皆さんが朝起きたときに歯茎がちょっとぬるぬるしたりとかする場合があると思うんですが、そのようなものを想像していただければ分かります。あれが膣の中にできてしまうと抗生物質が届かないので、細菌が残ってしまいます。すると、抗生物質終わるとすぐにまたそれが増えて症状が出てしまう。そのバイオフィルムを取り除く方法がなかなか無くて、非常に難中してるっていう状況です。

松岡: なるほど。じゃあ本当に、そういったバイオフィルムが形成されてしまっていく場合はそれをなんとか治療しないと膣がきれいにならないし、子宮の方も常にそういった隣り合わせになるのでなかなか難しいという。

遠藤: その場合、膣洗浄でちょっと強力なベンザルコニウムとかイソジンっていうものを続けるしか、ちょっと方法が今のところはございません。

西村: 婦人科に何度も足を、治療をしたのにまた再発してしまう。通うのがなかなかこう、ね。

松岡: なってきますよね。

西村: 婦人科に足を向けるのもどきどきしてしまう、という女性の方も結構いらっしゃるので、でもそれはもう忍耐強く通われることが重要ということですよね。

遠藤: そうですね。あとは、自宅でできるという方法もいくつかございます。簡単な方法としてはまずラクトフローラで乳酸菌を増やしてあげる。もう一つは、先週もご説明しましたが、できるだけ通気性の良い服装をする。三番目は、食生活を改善して免疫を高めてあげる。

西村: 食生活。具体的に何を採るとよろしいですか?

遠藤: 例えば、生きた乳酸菌が含まれたヨーグルトを食べると効果があるというのは分かっています。あとは、アロエ。

西村: アロエ。じゃあ、アロエヨーグルト!

松岡: アロエヨーグルトが今、最高の。朝食べましたよ(笑)

遠藤: はい、二重の効果でとってもいいと思います。なぜかと言うと、細菌性膣炎の原因って結構腸内細菌が多いです。なのでアロエを食べると腸内をきれいにしますので、間接的に効果が期待されます。

西村: へえー。積極的に採っていきたいですね。

遠藤: あと、薬局等で売ってます膣洗浄液でご自身で洗浄されることも効果が期待されます。

西村: 今ね、ヨーグルト。特にアロエヨーグルトも良いよ、なんてお話もありましたけども、口から摂取したものがなぜ効くのかな、っていうのが少し疑問として湧くんですが、遠藤先生。

遠藤: まず病気の原因を考えると、細菌性膣炎では検出される菌ってのは結構腸内細菌が多いです。ということは、腸内細菌が膣に移行している。どうやって移行するかというと、肛門のところから膣に介しての部分をデリケートゾーンと言うんですけども、その部分を介して細菌が移動しています。なので悪い細菌と同時に善玉の乳酸菌も内服で移行していきます。

松岡: なるほど。じゃあ腸から治して、改善して、膣の方も改善する、と。時間はかかるけれど、それが本当の根本的な治療になる、と。

遠藤: 腸の方を改善しないとまた再発してしまう、ということになります。

西村: それではお時間となりました。今週はアイジェノミクス・ジャパン技術責任者のトシさん、そしてLactoflora代表取締役、遠藤康浩先生とお話を進めてまいりました。最後に遠藤先生、リスナーの皆さまにメッセージお願いします。

遠藤: 今回はどうもありがとうございました。例えばおりものの調子が悪い、あるいはアイジェノミクスさんの検査で善玉菌が少ない場合にはラクトフローラを使ったりとか、あるいは衣服に気を付ける、あるいは食事環境を改善する、総合的な形での対応をお願いします。なお、ラクトフローラに関しましては「女性用乳酸菌」もしくは「ラクトフローラ」で検索するとご購入可能です。

西村: ぜひ皆さん検索してみてください。それではトシさん、遠藤先生、ありがとうございました。

(二人): ありがとうございました。

関連記事

コメントする

コメント無し

コメント無し