妊活ブログ

アイジェノミクス・ジャパンの妊活情報配信ブログ

妊活で注目されているナチュロパシーとは?妊活とストレス・デトックス

FM西東京にて毎週あさ10:00~放送中の「妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ」。毎週さまざまな先生方をゲストにお招きし、不妊治療の最先端医療技術についてわかりやすくお伝えしていきます。

番組内容

2021年4月25日放送分

 

西村:さあ、先週に引き続きまして、ゲストはこの方です。Wellness Roots代表、ナチュロパス、河野かなえ様です。河野さん、よろしくお願い致します。

河野:よろしくお願いします。

ナチュロパシーとは

西村:はい、先週の冒頭にも私、ちょっと質問させていただいたんですが、改めてここでナチュロパスとは、また、ナチュロパシーとは、ということを是非皆さんにご紹介ください。

河野:はい。ナチュロパシーとは今現在北米とオーストラリアで存在している学問であり、一種の医療体型です。医療体型といっても西洋医学がメインなので、他の代替療法ですね、西洋医学と一緒に使ったりとか、簡単な言い方で言うと自然療法です。

例えば、ナチュロパスとして私が海外で何が出来るかというと、医療グレードのとても質のいいサプリメントを処方したりとか。

あと食用と西洋ハーブ療法なんかを用いて、ひとりのクライアントさんの全体のホールパーソン、その人のボディマインドスピリット(身体・心・精神)と、あと社会生活であるとか、関係性とかいろんなものを加味して、その人に合った、ひとつの方法じゃない、皆さんそれぞれ違うかたちで食用とかのアドバイスをしていくような、そういうものです。

栄養と妊活の関係

ユミ:実際にその栄養療法という言葉が出てきてますけど、その妊活への関わり、これについて具体的にどんなことがあるのかなっていうのをお聞きしてもいいですか?

河野:はい、ホリスティックな考え方の中で、英語で『あなたの身体は食べ物から出来てる』という言葉があるんですけれども、私達の身体は全て栄養から作られてます、と。

どんな小さな細胞も、タンパク質と脂質から作られていて、エネルギーは炭水化物から、糖質からとられたりとか、全てが栄養から作られてるので、もちろん精子も卵子も栄養をもとに大きく成長して細胞として成り立つと。

で、妊活に関して特に言うと、どういう風に我々が働きかけるかと言うと、人間の身体って普通に子孫を残すようにデザインされている中で、何事も阻害要因がなければ、普通に妊娠していくと。

で、もし妊娠しないとなるんならばそこに何か阻害要因が存在する。例えば分かりやすいのがストレスなんかがそうなんですけれども、ストレスって例えばライオンに会った時の反応ですよね。

ユミ:おぉ〜・・・(笑)

河野:ライオンが今、目の前に来たら、英語では『ファイトアンドフライト反応』といって、日本語だと闘争・逃走反応、まあ戦うか逃げるか。そこで戦うために身体がすぐ動くようになるか、それとも死んだふりをするかとか逃げるとか、どっちかをとらなきゃいけないと。そうすると生死に関わるので、身体はもうそのストレス反応が最優先なんですね。その時は消化機能も止まります。

西村・ユミ:ええ〜!

河野:それでストレスをずーっと抱えてる人は消化が出来なくなっちゃう。で、お腹の不具合が出たりとか。要するに身体ってモードによって優先順位があって、ストレスは最大限、最優先です、と。もちろんその時は生殖機能はプラオリティが下がっちゃうので、優先されないんですね。

で、栄養は全部ストレスに対する方にいってしまうので、結局それが栄養的な阻害要因になります、と。そうするとストレスをまず対処しないと、身体が本当に妊娠のための機能の方に栄養が使われなくなります。

なのでひとりのクライアントさんのコンサルテーションなんかする時にストレスがあるかどうかで、特にすごく難しいのが妊活されてる女性って皆さんすごくストレスを抱えてるので、もうその時点でストレスだと。

ユミ:そうか〜・・・。そうですね・・・。

河野:意外とストレスってああ、嫌だって思うこのタイミングでビタミンBとかマグネシウムとかすごい奪われてるんですね。気が付かないけど、あとビタミンCもね。

で、カルシウムも流れていっちゃうし。なのでそういう状態がずっと続いていくとどんなにサプリを摂ったり、あと一生懸命ご飯を食べてたとしてもそちらの方に栄養が流れていってしまうので、そこを一緒に探りながらストレスを改善する方法、もしくはストレスに対応する栄養を取り入れて、身体を妊娠出来る状態に持っていくっていうのが栄養療法での妊活の関わり方ですね。

特に細胞レベルで見ると、大体問題って慢性炎症と酸化ストレスが起こると病気にもなるし、細胞が病気になってしまうし、あともしくは子宮の状態とかも悪くなって着床出来なくなるとかっていうのがあるので、炎症が身体のどこかで起こってるかどうか、身体は全部繋がってるので、そういうのをチェックしたりとかして探っていきます。

で、慢性炎症って、元を辿っていくと食事が原因だったりする、炎症性の食事だったりとか。

ユミ:炎症性の食事・・・。

河野:例えば一般的に良くないと言われてるものがほぼ全てそうなんですけども、男性なんかでいうと脂が多い食品、あと女性なんかが偏りがちなのは糖質の多い食品、糖の多い食品だったりとか。

ユミ:スイーツとかってこと・・・?(笑)

西村:それでストレス発散!とか思ってるんですけど(笑)摂り過ぎは良くないよ、ってことですね。

河野:そうなんです、摂り過ぎちゃうとやっぱり特定の栄養素も取られていってしまうし、炎症を起こしやすくなってしまうので、あと加工食品とかの化学物質や、普段こうやって生活してるだけで結構空気からも化学物質とか、生活環境の中で重金属とか、そういうものが身体の中に入って来ると炎症を起こしやすくなってしまう、酸化ストレスを起こしやすくなってしまうと。

なのでそういうのを取り除いてあげた上で、必要な栄養を補給してあげると。食事を整えたり。そんな感じですね。

ユミ:そういったことを個人の方からお話を伺いながらアドバイスしていってるのが河野さんのいつもの活動なんですね。

河野:そうですね。全身の状態を、例えばお腹の状態、生理の状態、いろんなことを1時間半位かけてるんですね、コンサルテーションって。

で、いろんなお話を伺って、ストレスの状態、家族関係とか、お仕事とか。で、あと食事ですね、朝昼晩何を食べてるとか、何を飲んでるのか、お肉の割合はどんな感じかとか、細かいところまで聞いて、それでどこにその阻害要因があるかっていうを探りながら探していきますね。

オーストラリアのクリニックについて

西村:さあ、後半も引き続き、Wellness Roots代表、ナチュロパス、河野かなえさんと一緒にお話をしていきます。さて、ユミさん。

ユミ:はい、河野さんはオーストラリアでお勉強されて来ている訳なんですけど実際にオーストラリアのクリニックではどんなことがされてるんでしょうか?

河野:オーストラリアのクリニックではナチュロパスだけのクリニックもたくさんあるんですけれども、大都市、メルボルンとかシドニーなんかでは不妊専門のクリニックとかがあって、そういうところでは私達の職業ナチュロパスって言うんですけど。

ナチュロパスとか、あと針の鍼灸師とか、オステオパスとか、あと中国医学をやられてる、漢方をやられてる方とか、あとマッサージ、カウンセリング、お医者さんも含めて皆さんが揃ってるようなクリニックが存在してるんですね。

西村・ユミ:へえ〜。

河野:で、不妊治療をされてる方がそういうところに来られたり、もしくは不妊治療が終わって妊娠されてる方とかもいらっしゃいますけども、不妊治療がほとんどメインですね。なので多角的にホリスティックに、クライアントさんを診ていくっていうことが出来るようになってます。

で、一昨年かな、2019年にひとつメルボルンの大手のところを訪問したんですけども、一緒に話をして、私も結構15件位かな、不妊のケースをとってるんですが、その中で彼らと話をしていた時に、やっぱりひとりひとりやることが全部違うと。個人個人、やり方が全て違ってひとつのやり方はないっていう話をしてるんですけども。

ひとつだけ共通して言えるのが、きちんとプレコンセプション期間を得て、栄養的に整えた場合は妊娠の合併症も少ないし健やかな妊娠期間を過ごすことが出来て、あと生まれたお子さんも健康で穏やかなことが多いと。それをしなかったら結構キーッてなっちゃたりするお子さんもいらっしゃるんですけど、ちゃんとやってると穏やかなんですね。だから育てやすい、後が。で、それは私も同じ印象です。

ユミ:そうなんですね。そこまで影響があるんですね。

河野:影響ありますね。

具体的な実践方法

ユミ:じゃあ、実際今日の夜、明日からとか、何からやったらいいのかなって、アドバイスとかってありますか?

河野:さっきちょっと触れた、炎症性の食品をもし普段摂られてるようだったら、これね、一番結構大きい問題ってグルテンなんですよね。

西村:グルテン・・・。

河野:精製小麦ですね。パンを食べてらっしゃる方すごく多いと思うんですけども、ちょっと我慢して、3か月だけパンをやめるとか。

ユミ:米粉パンとかは?

河野:米粉パンはいいんですけど食べ過ぎちゃうと糖質が高くなっちゃうんで。

ユミ:あ〜、なるほど〜。

河野:前と同じ量を食べちゃうとダメなので、ご褒美的に週1回とか、制限するといいと思います。あと一般的には精製小麦と乳製品は一度控えて、遅延性食物アレルギーっていうものになりやすいので、控えてもらったりすると、ちょっと身体が軽くなってくるかなと思います。

西村・ユミ:へえ〜。

河野:そうしていって、もしそのストレスなんかがあるんであれば、ストレスマネージメントをきちんとする。一般の市販の妊活用のサプリメントを摂ってもいいですし、プラス生活をちょっと見直して、時間の余裕をもって自分のための時間を持つ。さっき言った通りストレスが一番大敵なので男性も女性も。なのでそこから始めてみるのもいいかなと思います。

ユミ:あの、私、河野さんのSNSを拝見してるんですけど、ご自身もすごく気を付けられてるのがよく分かるんですが、お部屋にすごいいい香りを炊いたっていうのを見たんですけど、覚えてらっしゃいません?アロマ?やっぱりそういう匂いもちょっと置くだけでストレスが解消されたりしますよね?

河野:はい、ラベンダーとかすごいリラックスするので、ラベンダーって精油をティッシュに1滴垂らして枕の横に置いたりとかすごいリラックスしますし、あとラベンダーティーなんかも取り入れやすいですけどね。結構リラックスしますね。

妊活とデトックス

ユミ:そういったことでも結構身近に取り入れられそうですよね。あと食べる物以外で何かアドバイスというか、これはいいんじゃないかっていうオススメはありますか?

河野:ええっと、よく私のコンサルテーションの中でも行うのがやっぱりデトックスをしてもらうことも多いです。どうしても今の生活だと普通に生活してるだけでいろんな化学物質が入ってきてるので、重金属も溜まりやすいんですけど。

それを例えばファスティング、断食だったりとか、あと一緒に断食終わった後とかに岩盤浴に行ったりとか、いっぱい汗をかいて、米ぬか酵素風呂とかもとてもいいので、そういうので汗をかいてデトックスしていくっていうのも必要かなと思います。

なぜならば、女性の身体は結局もう妊娠してしまった後ってデトックスの機会がなくなっちゃうんですよ。妊娠(期間)に入っちゃうからデトックス出来なくなっちゃうので。その後に、よく聞かれると思うんですけども生まれた後に母乳が初めて出た時に、母乳って脂溶性なのでいろんな重金属、化学物質とかが出ていっちゃう。

で、一番初めのお子さんとかがその母乳を飲んで、それが移行していっちゃたりするので、出来れば初めのプレコンセプションの時にデトックスしてしまって、妊活に入るっていうのが一番ベストかなト思います。さっき言った、例えばその2、3日の断食でもいいですし、あと汗を流したりとか、そういうことでも十分デトックス出来るので。

ユミ:心もデトックス・・・?

河野:心も身体もデトックスですね。

西村:最近そのファスティングっていう言葉をいろんな雑誌だったりとか、インターネットでも見るんですけど、なんか方法論もいろいろ、情報がいろいろあって何が正しいのかしらってお思いの方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

河野:なかなかね、もし身体がすごく弱い状態とか病気をされてるようだったら、ちょっと危ないのでちゃんとお医者さんに相談してやられた方がいいと思うんですけども、若くて健康な方でしたら、1日から3日位の断食、例えば酵素ドリンクを使ってもいいし、水断食でもいいし、いろんな方法があるので。

あと週1の断食とかもいいですね。いろんな方法があります。皆さんそれぞれに合う断食方法、身体によって違うと思うので、いくつか試してみて、ただくれぐれも断食中に岩盤浴とか行かないように。身体がヘロヘロになっちゃうんで(笑)

ユミ:逆に疲れ過ぎちゃいますね(笑)

河野:ちょっとね、キツイですね、それはね(笑)

ユミ:河野さんご自身はどんなことにハマってますか?

河野:私は米ぬか酵素風呂にハマってます。

西村:へえ〜!米ぬか酵素風呂は、私は入ったこと一度だけ昔あるんですけど、リスナーの皆さんにどんな、米ぬかの酵素風呂ってどんなものかしらって思われてる方多いと思うんですが。

河野:はい、米ぬか酵素風呂って、私元々アトピー体質なんですね。アトピー体質なので結構デトックスが難しい体質、弱いというか。

で、それで行き始めたんですけど、米ぬかを使って自然に発酵してくんです。発酵していくと熱をもってサウナ状態みたいになってきますと。で、その米ぬかがたっぷり入った大きな桶の中に自分を裸で入れて、そこで15分なんですけど、米ぬかに包まれて寝てるとその後1時間位発汗が止まらないみたいな。

汗をかいたりとか、あと米ぬかの種類によっては皮膚が柔らかくなったりとか、米ぬかってすごい皮膚を柔らかくしてくれるので、デトックスにはとてもいいと思います。

西村:あの米ぬかの独特の香りもするんですよね。

河野:米ぬかの種類によってその香りも全然違うので、是非試してみてください。

西村:ユミさんはやられたことありますか?

ユミ:私は実はないんですけど、興味津々です。

西村:はい。2週に渡って河野かなえさんにお話を伺ってまいりました。最後にですね、リスナーの皆様に是非メッセージをいただけますか?

河野:はい。食生活を変えるとか生活習慣を変えるって、とても厳しく聞こえるかなと思うんですけれども、ちょっとやってみると、とてもその効果が体感出来ると思うので気持ちも身体も軽くなっていくので、ストレスにもすごくいいですし、是非皆さん取り入れてやってみていただけるといいかなと思います。

私のコンサルテーションも受け付けてますので、インターネットで『ナチュロパス 河野かなえ』と平仮名でもいいので入れていただけると私の情報が出てくると思います。

西村:是非皆さんチェックしてみてください。2週に渡ってご出演いただきました、Wellness Roots代表、ナチュロパス、河野かなえさんでした。ありがとうございました。

河野・ユミ:ありがとうございました。

西村:さて、お時間となりました。今日は、Wellness Roots代表、ナチュロパス、河野かなえ様をお迎えし、お話を伺いました。また、アイジェノミクスジャパンのユミさんと一緒にお届けしてまいりました。

関連記事

コメントする

コメント無し

コメント無し